So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラマ『東京タラレバ娘』第10話、感想とネタバレ。倫子が選んだのは? [ドラマ]

ずっと強気で嫌味な男だったKEY(坂口健太郎)が、倫子(吉高由里子)に本心をつげて。
そんなKEYを放っておけない倫子は、KEYを家に泊めてしまう。早坂(鈴木亮平)がいるのに、倫子どうするの?と思いながら、今回で最終回でした。
クランクアップしたときも、三人娘(吉高由里子、榮倉奈々、大島優子)は、寂しい気持ちもあって涙を見せ、鈴木亮平はブログでタラレバ娘を大好きでしたと。
楽しい現場だったのが、見ていてなんとなく伝わってくるドラマでした。

スポンサーリンク






私が早坂さんというか、鈴木亮平を好きだから、お鍋の用意して待っているのに~と思いながらも、KEY(坂口健太郎)のことも気になるから、しょうがないかと思いながら。

小雪(大島優子)のほうは、偶然丸井(田中圭)と会って、父親の顔をしているのを見てホッとする。
香(榮倉奈々)は、涼(平岡祐太)に、彼女と別れてきたと言われて・・・。
小雪は、常連の山ちゃんの知り合いの人とお見合いの話がきている。
香のほうは、結婚相談所で婚活してみるけど、背の高さで相手から断られる。

倫子と早坂さんは、二人で一緒に住む物件を探していた。
間取りは倫子の仕事がやりやすいようにと、2LDKを探していて幸せそう。
でも、KEYに会ったときにKEYのことが気になってしまって。
香と小雪にKEYのことをどう思っているのか聞かれて、放っておけない相手と。
幸せになりたいから、早坂さんと一緒になると倫子は決めていて、KEYとのことも内緒にしておくつもり。

だったのだが、早坂さんとKEYは、居酒屋「呑んべえ」に一緒に来る。
そこで小雪の父親が、KEYが倫子と同じアパートから出てきたのを見た人がいる話をしてしまって。
うーん、早坂さんが良い人すぎて、見ていてつらくなる。
8年前にも倫子にふられて忘れようとしていて、それが同棲することになって、また裏切られてって・・・
また鈴木亮平の黒縁メガネで、優しい表情するのが、優しすぎるいい人にしか見えないし。


そんな中、早坂さんと倫子は一緒に住む部屋を決めたのだけど
KEYと倫子が近所で話しているのを早坂さんは見てしまう。
KEYを見送る倫子を見ると、好きなのが分かっちゃって、早坂さんは悩んで引越しを中止にする。
早坂さんから一緒に住めない、仕事仲間に戻ろうと言われた倫子。

最後は倫子がKEYに告白して、KEYも倫子のことを好きかもと返事する。
はっきりと付き合うまでいったのかは分からないけど、両想いになって進みそうだね。

それよりも、早坂さんに幸せになってもらいたいって思った。
あの早坂さんの優しい笑顔って、癒されるよね~。
最後のKEYの笑顔も良かった。


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。