So-net無料ブログ作成
検索選択

スペシャルドラマ『でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~』の感想とネタバレ [ドラマ]

このドラマは、新しい連続ドラマなのかと思って観ていました。
BLというボーイズラブが好きな女性の婚活って、言われてみると知らない世界で。
原作は『BL漫画家ですけど結婚してもいいですか?』藤本ハルキ(作)こういうのをなんて言えばいいのか慣れていないので、失礼な書き方があったらすみません。
最近では女性が好きな男性でも、BLをマンガなどで楽しんでいる方もいると聞いた事があったような気がします。
私もBLマンガは読んだことないのだけど、前に小説ではライト(というのかな?)なものは読んでいました。
そういう意味では、そこまでボーイズラブ(BL)の世界には入れないので、このドラマの主人公に感情移入は出来なかった。

でも、BLだけに限らず、ちょっと言い出しにくい仕事をしている女性が婚活をするという話は、興味深く面白く見ることが出来ました。

スポンサーリンク






ストーリーは、藤田ハルコ(栗山千明)はBL漫画家として仕事をしていて、BLが大好きな腐女子。
そんなハルコが34歳。結婚したというハガキが届いて、それを取ろうとして腰を痛める。
その結婚のお知らせは学生時代のBL仲間で、自分の将来を考えて結婚しようと決意する。
アシスタントの立花キリ子(佐野ひなこ)は、彼氏にBLが好きということは言っていて、彼氏のほうもそのことを受け入れている。

合コンやサバイバルゲームなどにも参加するハルコだが、自分の仕事のことを言い出せないままになってしまう。
アシスタントのキリ子の彼氏とその友達とでWデートもしてみるけれど、猫カフェで仲良くしている男性カップルに目が行ってしまって・・・。

そして思い切って結婚相談所に入って、そこで大学の数学講師をしている中野智己(要潤)と出会う。
漫画家という職業は言えても、なかなかBLマンガを描いていると言い出せないハルコ。
一方、中野のほうも数学オタクで、一度数式を考え出すと、場所がどこだろうが数式のことに没頭してしまう。

このドラマの見所の一つに、栗山千明が黒縁メガネをかけてたお洒落とは無縁という役柄というのと、要潤も髪がボサボサで猫背の話下手の男性を演じていることだと思う。
大きいメガネをかけていても栗山千明が綺麗なのは分かっちゃうね。
要潤のほうは顔が隠れ気味で、最初は誰か気がつかなかったくらいでした。
髪型や服装などで変わっているのが楽しめました。

ストーリーとしては、BL漫画家で本当にBLが好きというか、男性同士が仲良くしていると全部がそう見える女性のことを、男性はどう見えるのだろう?っていうのは気になるよね。
デートのときにそういう妄想をしちゃうと、ひく人が多そうな気もするけど、このドラマでは数学講師の中野も自分の世界に入っちゃうから、そういうのでは最初から合っていた。
ドラマとしては面白かったけど、私は中野みたいに自分の世界に入られると困るかな~。
外出先でそうなった中野の横でハルコも自分の仕事を考えて寝ちゃうところは、ほのぼのしてた。



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。