So-net無料ブログ作成

ドラマ『ボク、運命の人です』第1話、感想とネタバレ。亀梨和也と山下智久 [ドラマ(2017年4月~]

4月になって新しいドラマが始まっていますね。
日本テレビ系の土曜夜9時から放送されていた連続ドラマが夜10時に移動しての第1作目。4月15日(土)夜10時からの連続ドラマです。
亀梨と山Pのコンビが面白そうなドラマなので、ラブコメディとして期待していました。都内の会社に移動してきた正木誠(亀梨和也)。
ベートーヴェンの運命が最初のあたりで流れながら、都内の会社に出勤するシーンから始まります。
女運が何故か最悪で、付き合う女性と上手くいかなかったり、騙されたりしている。
そんな誠が家に帰ると、知らない男性(山下智久)が勝手に座っていて、自分のことを神だと言いだす。
その神は、誠が女運が悪いのは、本当の運命の相手じゃないからで、誠には「運命の人」が存在すると話す。
神様が言う誠の運命の相手は、同じビルの横にオフィスがあって、子どもの頃にも海で遊んだことがある初恋の人らしい。

誠の運命の相手となる女性は、湖月晴子(木村文乃)という方で、写真にも写っている。
子どもの頃の海だけじゃなくて、大学受験、今年の初詣などでも同じ場所にいながらすれ違っていて・・・。
その彼女と年内に結婚して、来年には子どもを生まないと地球が大変なことになると神様に言われる。
二人の子どもが地球の救世主になるらしい。

スポンサードリンク






そんな感じで、亀梨和也と山下智久の会話と設定が楽しい。
神様を山Pが演じているのも良いね~軽くてイケメンでかっこいい神ですw
二人が出会って、誠が急に神が出てくるのに驚くのなど、普通にコメディで楽しくて、ここからラブコメディもありそうで、楽しみになっています。
赤い糸で結ばれた「運命の人」って、本当に存在するなら夢があるな~と今でも信じたい気持ちはあったりも。

脇役も豪華で、誠の同僚に澤部佑、上司の部長に田辺誠一。
晴子の親友で同僚でもある四谷三恵役に菜々緒、両親は杉本哲太と石野真子などなど。

晴子のほうは結婚願望があって、初詣の絵馬にも運命の人と出会って結婚できますようにと書いていて。
それを確認までした誠は、会社のエレベーターで晴子と会ったときに、唐突に「あなたは僕の運命の人らしいんです」と。
まあ、普通に晴子には変な人だと思われて、勧誘ならお断りしますと言われるよね。
神と名乗る男に運命の人だと言われたことも説明してみるけど、そんなの信じるわけなくて宗教だと思われる。
で、こういう怪しい人としか思えないことを言った後に、誠は晴子を喫茶店に誘おうとするが・・・無理で。

誠が普通に女性を誘うんじゃなくて、神のことを信じていないようで「運命の人」と説明しちゃう素直さが可愛い!
でも、この誘われ方だと、イケメンでも付いていくのは怖すぎるよ、と思いながらの鑑賞。

それでも偶然なのか必然なのか、田舎に仕事で行く時にも同じ場所で会う二人。
そんなときに誠は、子どもの頃の二人で写っている写真と、受験のときに借りた鉛筆を晴子に見せて説明する。
これこれこうだから、自分も運命の人なんて信じていなかったけれど、僕があなたの運命の男ですと。
誠が言うことに対して晴子は「気持ち悪いから、二度と話しかけてこないでください」と返事する。

その後も、誠は高校野球のときにも会っていたのを思い出したり、クラシックコンサートでも会う。
ここまで偶然が重なって運命を信じてきた誠。
来週は野球で負けた相手が登場するらしいが、誠は勝てるのか?

エンディング曲では、亀梨和也と山下智久と木村文乃の三人がダンスしています。

「運命の人」や神様がいるのなら、会わせてください!って言いたいけど、こういう運命を信じたいっていうのは私もあったりします。

誠は運命や神様を信じるようになったけど、晴子は現実的な考えの女性だから偶然がかさなっても今は信じていないみたい。
山Pの神様も面白いし、楽しく見れるドラマでした。
この楽しさが続くと良いなと思っています。


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました