So-net無料ブログ作成

ドラマ『ボク、運命の人です』第7話、感想とネタバレ。亀梨和也と山下智久 [ドラマ(2017年4月~]

やっと付き合うことになった、誠(亀梨和也)と晴子(木村文乃)。
可愛らしいカップルになりそうだから、今回も楽しみにしていました。
定岡(満島真之介)も誠と親友になってきているので、そっちも面白いです。今回は、晴子の誕生日プレゼントに渡すつもりだった傘を、誠はプレゼントできて嬉しそう。
そんな誠が帰宅すると、謎の男(山下智久)が、サプライズで指輪をプレゼントをすることを提案する。
この謎の男のミッションを真面目に聞いて遂行する誠も、可愛い男の人だな~と思いながら観ています。

前回もどうでもいいようなミッションがあったりして、それはそれでほのぼのして気楽に観られるドラマ。

スポンサーリンク






その指輪をプレゼントするというサプライズも、誠は晴子の指輪のサイズも知らないけど、晴子に聞かないまま、ぴったりのサイズの指輪を晴子が気がつかない間に指にはめるという、マジシャンみたいなことをやれと言われて。
指輪のサイズも分からないから、見れば指のサイズをあてられるという定岡(満島真之介)に相談する。
その芸当が出来るようになるには、とにかく特訓するしかないということで、大量にアスパラガスを買い込んで定岡に教わることに。
誠の家で定岡と特訓しようとすると謎の男が現れて、定岡と凄く気が合って会話も弾む二人。

誠と謎の男は指輪を渡す練習もしていて、誠が謎の男の耳元でささやいたりしていて面白かった。

デートの当日、誠は映画館で晴子に指輪をプレゼントするつもりだったが、そんな簡単には行かず。
カラオケでも失敗して、次のボーリングで見事に指にはめることに成功する。
晴子もサプライズに驚いていて、嬉しいですと喜んでいる。
ボーリングのボールも誠が晴子の指に合ったボールを渡して、見事にターキーを決めて、女性がターキーを出すともらえる商品ももらえました。

帰り道で二人は手をつないで歩いていると、そこにピアノ曲が流れてきて。
その曲は、リスト作曲「愛の夢」。
誠が家に帰ってから謎の男と話していて、そのピアノを演奏していた少女は以前に流れていた「月の光」も演奏していた少女で、未来にも関係しているらしい。

そんなとき、ある女性が逮捕されたニュースがテレビで流れて・・・

ちょっと最後は、何が起こったのか分からなかったです。
え、何?って思っていると、コマーシャルになってしまって。

誠と晴子の恋愛も上手く行きそうで、結婚まで無事にいくのかな?と思っていたけど、来週は晴子の父親の大地(杉本哲太)が誠との付き合いに反対するらしい。

神と言っている謎の男の正体も気になります。
今回は定岡と和気藹々と話していたから、何か関係があるのかな?とも思ったり。

誠と晴子の恋愛も、ピュアな二人が可愛いです。
普通に恋愛経験もあるはずなのに、すっごく純粋に見えるよね。
また来週が楽しみになっています。

第1話から見逃していて、イッキに見たい方は、Huluで配信しているみたいです。
詳しいことは、下の広告からご確認ください。

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました