So-net無料ブログ作成
検索選択

2005年のドラマ『野ブタ。をプロデュース』、第1話の感想とネタバレ。亀梨と山PのW主演 [ドラマ(2000~2010年]

ドラマ『ボク、運命の人です』を見ていて、亀梨和也と山Pが前に共演したドラマも見たくなって、見ていました。
2005年のドラマだから、若くて可愛い男子です。
原作の小説とは設定が違うようになっていて、彰はテレビドラマ版だけのオリジナルキャラなどと色々変わっています。このドラマの登場人物「修二と彰」はユニットにもなってCDを発売して、その年のCDの年間セールス第1位にもなっています。
なんで亀梨和也と山下智久の昔のドラマを見ているかというと、何故か演技とかよりも二人を見ていると楽しい気持ちになるからです。
本当に仲が良いのかは、テレビで話していても絶対真実とは言えないと思う。でも、二人を見ていて、見てる側がほのぼのしてくるから、仲良いのも本当だと思いたいよね。

そういうわけで、この二人が以前に桐谷修二(亀梨和也)と草野彰(山下智久)としてW主演したドラマを鑑賞。
小谷信子役には、(堀北真希)。

スポンサーリンク






この『野ブタ。をプロデュース』の原作は白岩玄の小説で、
高校生の桐谷修二が転校してきた小谷信太を「プロデュース」して、いじめられっこのコタニを人気者へと変えようというお話。

ドラマ版では、転校生は女子になっていて、小谷信子(堀北真希)は地味で俯いてボソボソ喋るという性格が暗くていじめの対象に。

あらすじとして、最初に桐谷修二(亀梨和也)は、良い所にポジションを置いていて、学校の中では上手く立ち回っている性格。
港にある大きな柳の木を触ってから、学校に行くというのを決めていた。そんな修二は「この世はすべてゲームだ」というのが口癖。
学校で人気者として上手く皆と会話して立ち回っている修二だが、天敵が存在した。

階段でひらひらと両手も動かしながら、フワフワ歩いている草野彰(山下智久)。
彰は「神様は死んじゃったんだって」って修二に話しかけて、ニーチェが言っていたと哲学的?
かと思いきや、飲み干した紙パックを捨てといてといって、修二に渡してひらひら階段を降りていく彰。

学校から帰っていると、修二の癒しの場所だった柳の木がなくなっていた。
そこで柳はお昼に引っこ抜いてどっかに持って行ったと、見ていた女の子に教わる。
その女の子は、長い髪で顔がほとんど隠れていて幽霊みたいで不気味な印象。それが信子(堀北真希 )だった。

学校では転校生が来たと騒ぎになっていたけど、信子が来て、その後の態度で女子にいじめられることになる。

このドラマには、風変わりな書店もあって、ゴーヨク堂という書店は『美男美女以外は、立ち読み厳禁』などの張り紙があって、違反をすると竹刀を持った店主(忌野清志郎 )に追い出される。
高校の教師も挑戦しているが、すぐに追い出されていて、立ち読みできたのは、女子生徒の上原まり子(戸田恵梨香)だけだった。

自転車の鍵をなくした彰を乗せて修二は家まで送っていくと、そこは豆腐店で彰が下宿しているという。
豆腐店のおじさん役に高橋克実で、気さくで彰にも慕われている。
彰の本当の家は、高層ビルの一番上で、父親の会社もビルの一番上というお金持ちだった。彰は高校生までという約束で、悔いのないように好きなことをして暮らしているのだった。

修二は、いじめられている信子のことが気になって、そこに彰も加わって、小谷信子をプロデュースすることに。
信子に対するいじめは、まだ続きそうなのが、女の怖さだね~。

修二が大切に思っていた柳の木も、船に積まれて運ばれているのをみつけて一安心。
これからドラマがはじまっていくのに、修二・彰・信子の三人の青春はどうなっていくのだろう。

忌野清志郎さんも出演していて、懐かしいです。書店の店主で良い味だしてます。

ネットで気軽にDVD・CDレンタル「ゲオ宅配レンタル」



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。