So-net無料ブログ作成

2005年のドラマ『野ブタ。をプロデュース』、第2話の感想とネタバレ。亀梨と山PのW主演 [ドラマ(2000~2010年]

2005年のドラマって10年以上前なんだけど、私はあまり古く感じずに楽しんでいます。
堀北真希主演のドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』のほうが昔のドラマかと思っていたくらい、記憶があやふやになっています。
その堀北真希演じる小谷信子に対するいじめなど、どうなっていくのか気になりながら見ています。学校へ行こうとした修二(亀梨和也)の家に、彰(山下智久)が来ていて、どうやら修二は彰に親友と思われています。
彰の人懐っこさは、可愛いね~。
信子(堀北真希)は、教室に入ったとたん、背中に「呪」と書かれた紙を貼られて、机には「死ね」という文字が・・・。
三人は屋上で、これからのプロデュースのことを話し合う。信子に髪の毛を切るのを提案すると、この髪には呪いがかかっているとおお出して。
人形と一緒の髪型じゃないと嫌だと言い出す。
最近噂になっている、真夜中様という、神社で髪の長い女性が自分とそっくりな人形を抱いているという話は、信子のことだった。

スポンサーリンク






信子をプロデュースしようとしているとき、信子の制服にブスと書かれる事件が起こる。
修二と彰で、信子の髪を切って、事情によって私服で登校するのを許可してもらって。
信子は、可愛く変身する。

信子だけが私服で登校しているのを妬んだ女子は、自分の制服にラクガキをして私服での登校を許可してもらおうとするが、教頭先生にばれてしまう。
結局、信子が私服をやめて制服で登校することになるが
修二と彰に小学校の頃のいじめでもラクガキされた体操着があって、その服をアフリカの子どもが着て笑っている写真をみつけたと話す。
信子は、どんな服を着てても笑えるんだと。

そんな信子を助けるのに、修二と彰は、制服のズボンに自分で「キザ」と「バカ」とラクガキして登校する。
この二人の優しさって、本当にかっこいいです!

その後、制服にペンキで絵を書くのが流行するが、すぐに飽きて終わった。

信子は笑い方が気味悪いから、練習しています。

堀北真希の暗い演技も面白いです。引きつった笑い方が、良い意味でも悪い意味でも印象的。
制服にラクガキをした犯人は、誰なのか分かっていないままになりました。
修二と彰も、青春してるって感じで良いですね!





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました