So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラマ『ボク、運命の人です』第10話(最終話)、感想とネタバレ。 [ドラマ(2017年4月~]

ラブコメディのドラマとして、亀梨和也と山Pのシーンを楽しむドラマとして楽しんでいましたが、今回が最終回というので、少し寂しい気持ちになっています。
謎の男(山下智久)の正体が分かって消えてしまって、最終話では出てくるのか気になりながら。晴子(木村文乃)は三恵(菜々緒)と会話しながらも、最初の頃とは違って幸せそうになっています。
晴子役の木村文乃の笑顔が、とても可愛く見えるのも良い感じ。

誠(亀梨和也)は、部長(田辺誠一)と関原(大倉孝二)が家に泊まると言い出して、関原は前に誠の家に来た時に謎の男の気配を感じていたらしい。
夜中に美男子に微笑みかけられたり、その男は歩き回ったりしていたのだけど、除霊でもしたのか?と。
そして関原は誠に「トートバックは捨てたのか?」と聞くが、誠は記憶が消えていて覚えていない。

スポンサーリンク






このまま山Pが出演しなかったら寂しいな~と思っていると、夜中に誠の会社に出没していました。

その後、何故かほんの少しずつ運命の歯車が狂ったようになって、晴子は出張が決まってしまい・・・
どうなるのだろうと思っていると、定岡(満島真之介)の前に謎の男が現れて、しばらく(30年くらい)会えないから挨拶に来たと。
旅立つことを誠には内緒にしていてほしいと定岡にお願いする。

晴子と一緒に三恵も出張で、定岡は出張先の大阪まで行って三恵にプロポーズすると誠に話す。
誠も定岡と一緒に行くことを決意するが、台風で誠だけ行けなくなって。


タイミングがずれるようになっていた誠と晴子だけど、誠が修正することが出来て元に戻ります。
誠は謎の男のことを忘れてしまったのかなと思っていたけれど、それも最後の晴子との会話で、なんとなく覚えているような一言もあって。

最終回は亀梨和也と山下智久、二人のシーンがないのは残念だったけど、気軽に観れるドラマで十分に楽しめました。
満島真之介が演じていた定岡のキャラも面白くて好きでした。

1話からイッキ見したい方は、Huluで現在(2017年6月18日現在)は配信されています。
詳しいことは、下の広告からご確認ください。



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。